ジャバラ設計・ジャバラ制作なら技術と品質のトーヨージャバラ株式会社の山リング(通常タイプ)

製品情報
  1. トップ
  2. 製品情報
  3. ジャバラ部品紹介

ジャバラ部品紹介

山リング(通常タイプ)シャフト用ジャバラ
部品

【説明】
ごく標準的なシャフト用ジャバラ

 

リング摘み縫いフレキ(伸縮継手・ダクト・シュート)
部品

【メリット】
ジャバラの取付箇所の縮小寸法が狭い場合に有効
超高速使用に有効

【デメリット】
ピッチ(リング間)を広くする場合が多い。機能重視の為、見た目はいまいち。
摘み縫いする手間が余計にかかる為多少割高。

ファスナー式ジャバラ(直線縫い)シャフト用ジャバラ
部品

ファスナー式ジャバラsmall

※写真の取付方法はバンド方式ですが、フランジ方式も製作できます。

【メリット】
・機器を分解せずにジャバラを後から装着することができる。

【デメリット】
・製作寸法に制約がある。おおよそジャバラ外径がφ200前後からの製作になること、最小縮み寸法が大きくなる。
・作業行程の手間がかかるため急ぎの場合は不向き。
・割高

ジャバラ(スリーブ付)フレキ(伸縮継手・ダクト・シュート)
部品

suri-bu01suri-bu02

【説明】
バケツの底をくり抜いたような物。

【目的】
穀物などを上から落とす際にジャバラ内面を保護する。

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

トーヨージャバラ株式会社 〒125-0051東京都葛飾区新宿4-5-28

部品情報

ページの先頭に戻る

2013 © TOYOJABARA corporation.